スクリーンショット 2019-07-31 3.08_edited.png

​ウイズ コロナ

日本の夜を宇宙衛星から見ると、あまり光が灯っていない部分があります。

都市ではないところです。

しかし明かりが薄暗くとも文化と自然がそこには根強く生きています。

国土の約70~80%の山と森林は日本に残された魅力であり価値です。

そのような地域の奥には他では真似できない

景観や独自の風土、ライフスタイルがあり

それらが表出した家屋と人の記憶を留めている空間が存在しています。

それは、ミライへの可能性を目指してきた

記憶であり​懐かしさと誇りのメモリーです。

それをどうアレンジするのかは私達の役割だと思いました。

ウィズ コロナの時代、ミライへの進化をと考えます。

 ©️ Nobuhiro Shibayama 

「コロナと共に生きる」新たな生活。

好きな場所と空間に住み始める。

2021年からZEKKEIはあなたを応援します。

TIME Travel Chronograph

幕末から明治※に奥州 藤沢に気仙大工がこの家の原型の農家を建てた

幕末~明治 岩手 

※オリジナルの家の持ち主の口伝による

​大正

昭和

平成

見つける旅を始める 1994〜1999

解体焼却や部分売却の前に移築をしなければと決心。同 時に箱根を尋ね素晴らしいロケーションに敬服 する。移築先候補の土地は希少かつ利用方が多いとのことで入手決定。斜面に対し 強固な移築を考えられる建築家を求め始める。古民家をトラディッショナルな和風建築だけではなく、可能性がある移築と再生を通し未来的存在にしたいと考えた。

憧れの古民家を発見 2001

DSC00004.jpg

箱根の家 竣工

2004

第一期工事 2003~4

経済成長期でモダンで便利な住宅を目指した結果、世界に 冠たる技術を誇る伝統古民家は日本から姿を消していく。 一つでも多くのその文化と技術を未来への有効活用とし進化させたいと思い、東北を中心に仕事の合間合間に解体予定の古民家を探しなが ら妻と旅を5年ほど続け古民家を50 件ほどみる。その中で 岩手の大和魂感ずる人を包み込む奥州古民家にたどり着く。 そこで気仙大工のダイナミックな構造物に胸を打たれる。 巨大な梁と桁そして柱は出来るだけこのままの状態を生かし移築したいと思った。

2000

さらに優れた古民家情報入手のためJMRA を知り入会し た。岩手中心に解体予定の古民家を古民家移築再生建築 が専門の東北エリアの木造建築、古民家コーディネータ 佐々木氏と探し始める。岩手県藤沢町の茅葺、寄棟真家 建(まやだて)の家を見つけた。現地でオリジナルの家 屋の構造を別途、建築研究所が調査し図面に落とし込む。 持ち主の口伝によるとその当時から180 年前の幕末明治の家。

箱根への古民家再生移築の理解者に接触し始めた。結果スタジオアルッテクが地盤地質調査、構造計算等を経て2003年箱根斜面への移築設計開始。地元工務店が施工。建築研究所が古材の現場組み立て指示。2004年竣工完成。また古木運送は私の仕事で家屋発見後に知り合ったこれも奇遇の岩手出身の亡き友人に力を借りることができた。

2008〜

​この家から近い箱根駅伝をみるのも楽しみです。

東京と箱根を往復し、仕事と古民家暮らしのバランスを模索開始

 2011 3.11

​住民票を東京から箱根町に移動した。嬉しい事に箱根九頭龍からの雲海はこの家の借景に加わる事に気がつく

箱根の家 第二期工事

東日本大震災で気仙大工の古民家や建物をが

喪失してい たことを知り大きく落胆した。

2013

2016~2017

​※Google Earth

第一期竣工時のメンバー(建築家、建築補助、工務店)で、第二期補正箇所をする。水漏れ問題は10年過ぎた。

​斜面の庭のアイデアを考え始める。

2018

​この古民家オリジナルの持ち主と古木運搬に関わった友人にやっと再会する。古民家の持ち主であるお爺さんはもうこの世に居ない存在になっていた。申し訳ない気持ちで一杯だった。

東北の建築家でありコーディネータ​、岩手の友人の妻、ご子息と再開。

​令和元年 2019

アーバンカントリー箱根で​現代的表現

働き方のライフスタイルを考える発信基地として

新たにサイトをチャレンジ。

また建築雑誌の取材を建築家と建築補助と初めて18年振りに行う。

スクリーンショット 2019-02-12 14.04.11.png
気仙大工新古民家 室伏次郎氏設計

​ウイズ コロナ 2020

「コロナと共に生きる」新たな生活。
好きな場所と空間に共に住む。
どこに住でもどんな家でも、良い時代の到来が始まっています。
2021年、ZEKKEIはそんな新しい家庭を応援します。

 2021

コロナとオリンピックの関係が今一度よく分からない。しかしこの家
​をこの場所に本当に創っておいて良かったと感じる。

 ©️ Nobuhiro Shibayama 

私たちは、2003年の建築当時さまざまなやり取りをしました。

ですが、2021年の今は古民家を扱う"建築家""工務店"とがひとつの会社で

手の掛かかる仕事や書類関連を明確にし、

金額面ややり取りを一つで仕切るなど

非常に分かりやすく安心な会社が存在しています。

つまり建築家と工務店の1対2ではなく、1対1なのです。​