%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

​記録する

北上しながら譲っていただける古民家を見つけます。

 

中部地方から北上するように古民家を見てきました。幸い古民家の保存と移築物件を掲載している組織があることを知って入会しました。そのJIMRAでコーディネータさんの存在をしり一緒に見て回りました。そこで出会ったのが岩手県藤沢町の大きいな古民家でした。中を見させて頂くとビックリ。巨大な梁と大黒柱が。

DISCOVER

 

解体への道は静かに始まります。

古民家は百数十年の歴史を生きてきたご先祖様の気持ちと同居しています。​ですから、もったいない、ありがたき古材として感謝の気持ちです。解体前のお家の全景と内部です。少しずつ板や壁を剥がして行きました。この古民家の長さ幅は全く同じに柱と梁は考えています。ちょっと我慢してねという気持ちでした。

START

現場での計測をまず先に。

家を解体する前に手作業で木の長さや大きさをノートに書き写しながら全体の図面を作ります。分解前の図面はくみ上げるための図面と同じ。​これは手で一つずつ部材を測り、縦を「いろはに〜」横を「一二三四〜」と言う様に、後で組み立て安い様に木片にナンバリングしたものを現場の柱と梁に打ち込みます。そして頼んだ建築家ではなく別途もう一人の建築家が現場計測を新たな移築再生のプランを起こし安い様にします。

 

MEASURE

 

いよいよバラバラになります。

気仙大工は家を解体するときは「ほどく」と言うそうです。​どこか優しくいたわる気持ちが込められています。​大切な木材は捨てずに再び利用されて行ったのですね。

ナンバーがつけられ丁寧に分解します。​そしてまた組み直され花開く日をを待つのです。たくさんの気仙大工の技が刻まれた古木はひとときの休息をしていただきます。その間に計測図面で​どう移築設計するかを考えています。

DISMANTLE

 

ここで 新たな住まいの設計をします。

先の移築前の計測図を元に、設計図を起こします。建築設計事務所の設計図を引く前の話ですが本来の家にあった柱や梁はできるだけそのままでという​事。また現行の建築基準に当てはめて設計。ここは国立公園の箱根です。建築事務所のアシスタントから聞いたことは図面との意思疎通が環境庁と大変でしたという事でした。

ARCHITECTURE

 

A地点からB地点まで運びます。

建築図面を引きます。そしたらいよいよ移動です。古民家を扱う事に慣れていないせいか建築家は大事な古材運搬を忘れてしまいました。急遽、私供の会社の人間に運ぶのを手伝ってもらいました。岩手県 藤沢にあったものを神奈川県 箱根に運びます。片道550kmもあり梁が長いので新幹線を運ぶようなトレラーで丁寧に運びます

MOVE

 

箱根で気仙が再び建つ。

運び込まれた古材は一つ一つ今度は丁寧に再び組み込まれます。古民家移築再生です。するとまた藤沢街にあった形を取り戻し始めました。今度は斜面にコンクリートで対応するので、裾をカットの様子。あとは別の大工さんが気仙大工先輩の声を聴きながら大切に強固に組み上げて行きました。​また現行建築基準に当てはめて設計図とできた家の審査で小田原土木の許可をもらいました。やっと気仙が建ちました。

CONSTRUCTION

 

​直す。

当初出来上がって喜んで住むが家の作りの不都合さは分からない。二、三年かけて住むと分かるがエリアは複数の箇所に及ぶ。だから始めは簡単に直せるような所をお願いする。しかし水回りは雨が降る時に在中しなければ分からない。

MY REPAIR

1番目の動画と6番目の動画 2:36付近で直した効果が良く分かります。

​これは取材の前の動画。

かつて、このようなやり取りを建て主がやる必要がありました。

2021年の今は古民家が好きな建築家と工務店が共に動き、

手の掛かかる書類関連、連絡を明確にする”一つの会社”が在ります。

よろしければ連絡お待ちしています。

また建築済みでも建築前でも斜面に対し住む事でお困りの方は連絡ください。